売りからスタートすることができる

基本的に株というのは買うことしかできません。なので上がるかどうかを見越して買うのが一般的な取引方法となっています。しかし株価指数先物取引の方は買うだけでなく売りから入ることもできます。これはどういうことかといいますと、指数が上がったところで下がると予想すれば売って、下がったところで買えばいいというわけです。
これはFX等と同じことですが、これによって指数が今下がっているのなら上がるのを見越して買うだけでなく、指数が上がっているのなら下がるのを見越して売るという取引の幅が広がることになり、指数が上がっていたり、下がりっぱなしで買いでは取引できない市場の状況でも入っていけるということになるわけです。ただ、株価指数先物取引を始めたばかりの人は両方でやろうとせずにどちらか片方の取引をした方がいいでしょう。
というのもまだ相場の動きに慣れていないために、それで利益を急ぐあまりに両方やろうとするとかえって損失が出る可能性が高くなるからです。なので両方の取引をするのなら、ある程度取引に慣れてきて、相場の動きというものがどういうものか分かってからにしましょう。そうすれば取引ができるチャンスも増え、それは利益を出すチャンスも増えるということです。

コメントを受け付けておりません。