取引は証拠金で行う

取引の際には資産運用ということでお金を業者の口座に預けて行います。この預けるお金が証拠金といわれるもので、取引はこのお金を利用して行います。
いわゆる取引を行うために必要な担保のお金ということであり、損失が出た際にそれを補うためのお金としても使われるということです。なので単純に言えばこのお金がなければ取引自体もできないということになります。そしてどんな金額でもいいというわけではなく、その証券ごとに必要となる金額は決まっています。例えばAは10万必要だが、Bは5万で取引が可能になるということは特に珍しいことではないのです。が、必要となる金額は決まっていると前途しましたが、これは少し嘘であり、正確にはその金額も日頃の相場の変動によって変わってきます。
なので1万で済んでいたのが、一定の時期が経ったらには2万必要となっていたというのもありえる話なのです。だからこそ取引をする際にはまずは必要金額がどれくらいかを確認する必要があります。そしてそれによって自分がどのように資産運用をしていくかを決めるのが大事となります。少なくとも必要最低金額で運用するのではなく、ある程度余裕ができる金額で運用したほうがいいでしょう。

コメントを受け付けておりません。