リスクヘッジ手段として利用できる

株価指数先物取引は利鞘を稼ぐ売買方法意外にも、リスクヘッジ手段としても利用することができます。 例えば日経平均構成銘柄を中心に多くの株を所有していた場合、株価が下落局面に成った時、 全ての株が下がってしまいます。しかし、下がるのは困るができれば株主の権利を維持していたいとなった時、 株価指数先物取引を使ってリスクを回避することができるのです。

現在の株価指数が15000円だとして、下落局面に入ったと思ったときは先物取引でこれ以上下がったら、 困るラインとして14800円で売りのポジションを持つことにします。 その後、株価指数が14000円まで下がったとしたら、現在所有している株は同じように下落しているので、 大きな損失が出ています。しかし、先物取引で14800円で売りポジションを持っているため、株の評価損を相殺することができます。 それでは予想に反して、株価が上昇し指数が16000円になった場合はどのようになるかと言うと先物取引では15000円の、 売りポジションを持っているため、1000円の損失が発生しています。しかし。それと同じ程度に所有している株の価格も、 上昇しているため先物取引での損失は株の評価益によって相殺されるのです。

このように株価指数先物取引はリスク回避の手段としても利用できるのです。

コメントを受け付けておりません。