株式投資との違い

近年では民主党から自民党に政権交代が起き、アベノミクス効果による景気の回復を目指しています。
またアベノミクス効果によって様々な企業の業績が上昇し、日本の経済は回復の兆しを見せたかのように思えました。
しかし今だ不況は続き増税などの手段によって景気の回復を促そうとしています。
そんな不況の世の中では雇用形態も徐々に悪化し、ブラック企業と呼ばれる不当な労働を強要している企業が続出しています。
またアベノミクス効果により会社の業績は上昇してもまったく消費者に還元されないような事態になってます。
そんな不況を乗り切る為にたくさんの人が投資を考えています。
その中でも株式は大変人気が高く、また始める手順も簡易的な手続きだけで良いので安易におこなっている方が続出しています。
アベノミクス効果により一時的に株価が上昇し、初心者の人が大変な金額の利益をあげてしまっていた事実が明るみになった事も株を始める人を増やす原因になりました。
しかし多くの人が株はギャンブル性の高いもので運が良ければ大金を手に入れられる博打のようなものだと思われています。
ですが実際の株はギャンブル性のない統計と情報が直接結果につながる、計算された投資なのです。
ですので本来初心者が安易に飛びついて大金を手に入れられるものではないのです。

コメントを受け付けておりません。